MORGENWERK モーゲンヴェルク

ビームス タイム ショップインタビュー

第3回目の今回はユナイテッドアローズ 銀座店です。


ユナイテッドアローズ 銀座店

3回目の今回はユナイテッドアローズ銀座店です。
この建物は銀座のマロニエ通りの入口に位置し、「お客様が新しい出会いや発見の“GATE"(入口)になるように」という想いがマロニエゲートという名前に込められているそう。名前の通り、新しい発見の場になっているのだろう。

雰囲気のいい店内 ユナイテッドアローズ 銀座店
新しい発見の場 ユナイテッドアローズ 銀座店

さて今回はユナイテッドアローズ、副店長の石原さんにお話を聞いた。
こちらのお店は銀座、またマロニエゲートという好立地もあり幅広い年齢層のお客様が来店するそう。なんと20代~70代というから驚きだ。メンズ、レディースの両方を展開し、広いキャパシティをもつ銀座店である。
取扱いはOnに重きをおいた展開。今の時期だと豊富なスーツやニット類、マフラー、アウターなどのビジネスまわりが充実している。また店頭にはスニーカーやバッグ、帽子などが並び、Offの提案にも抜け目がない。季節感のある雰囲気の良いお店だ。
お店の売れ筋を聞くと、スーツやジャケットを中心に、今ならカナダグースのアウターや小物では昔からユナイテッドアローズの定番でもあるホワイトハウスコックスの革製品など、高額なものが売れると話す。

アウターなどのビジネスまわりが充実 ユナイテッドアローズ 銀座店
スニーカーやバッグ、帽子などが並ぶ ユナイテッドアローズ 銀座店
MORGENWERK ユナイテッドアローズ 銀座店

1Fメンズ売場のMORGENWERK(モーゲンヴェルク)

MORGENWERKはお店の中央突き当り、品のいい什器にしっぽりと佇んでいた。この店舗では商品と一緒に充電用アダプターとケーブル、取扱い説明書もレイアウト。モーゲンヴェルクの特徴でもある充電式というところを自然に提案している。
石原さんに第一印象を聞いてみた。「価格が高い」「このブランド知らないなぁ」だったそう。モーゲンヴェルクは今年の夏に発売になったドイツ発の新鋭ブランドなのだ。商品のことを知ってからの印象は、「シャープなデザイン」「すごい機能なので価格にも納得」「シンプルなのでこれならOn・Offのどちらでも合わせやすそう」と話してくれた。
コーディネイト次第で色々な雰囲気を演出できそうだ。

石原さんがお店で日頃から心がけていることを伺った。
お客様に対して常に誠実であること、うそをつかない接客と、お客様に寄り添う接客と話してくれた。私たち消費者にとってプロに本当に似合うものを教えてもらえるのはありがたいことだ。また買い物をしていて気持ちのいい接客ほど嬉しいことはない。
ユナイテッドアローズではトレンドやモノの知識を得るために、定期的に勉強会を開いたり、バイヤー・企画から情報を受け取り現場で活かしている。また雑誌やお客様とのやり取りで知識を得ることもあるそう。
ここ銀座店で自分らしいスタイルを見つけてみては?
モーゲンヴェルクも機能や使い方など、聞くと色々教えてもらえるだろう。是非店頭で!

また、ユナイテッドアローズ銀座店では、「UNITED 世界を変える ARROWS」キャンペーン実施中。詳しくは店頭で。

副店長石川さん ユナイテッドアローズ 銀座店

右:銀座店副店長 石原さん
左:プレス 辻さん

店名:ユナイテッドアローズ 銀座店
住所:東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲートB1・1F #B101b・101
TEL:03-3562-7798
営業時間:11:00~21:00

TOP