MORGENWERK モーゲンヴェルク

ビームス タイム ショップインタビュー

第2回目は「BEAMS TIME」さんです。


ビームス タイム
店内 ビームス タイム

BEAMSと言えば誰もが知るセレクトショップ御三家の1つ。私も若いころから通い、色々なブランドや洋服のことを学ばせていただいた老舗。
その中でも今回お伺いした「BEAMS TIME」は、BEAMSの中でもとりわけカジュアル志向が強く、さまざまな雑貨にも力を入れておりキッチン用品や喫煙具、輸入雑貨、文具にアクセサリー、季節ものまでバラエティに富んだ品揃えの店舗。店内をぐるっと見て回るだけでもとても面白い。

時計は入口右手の壁一面に陳列されており、クロックからウォッチ、カジュアルから高額品までと多岐にわたる。モーゲンヴェルクは中央、ハミルトンやLIPなどシックなデザイン時計と並んでレイアウトされていた。

腕時計 壁一面に陳列
MORGENWERK ビームス タイム

マネージャーの君島さん、VMD担当の吉田さんのお二人にお話を聞いてみた。
こちらは20代から30代を中心に男女問わず幅広いお客さまが来るそう。とりわけ洋服は若いお客さまが好んで購入していき、雑貨は30代を中心に売れると話す。
時計はというと、最近はナイロンベルトのものが人気だそう。また高額品はこだわりのある方が欲しい時計の販売店を調べてからこちらに来店することも多いと話してくれた。確かに高額品を一目見て買うのは勇気がいるかもしれない。

マネージャー君島さん VMD担当吉田さん

右がビームス タイムマネージャーの君島さん
中央がビームス ジャパン次長の深澤さん
左がビームス タイムVMD担当の吉田さん

マネージャー君島さん

モーゲンヴェルクについての第一印象を聞いてみた。
「シンプル」「スタイリッシュ」な時計とのこと。はい、国産でもいくつかある衛星電波時計の中でもおそらく一番シンプルでスタイリッシュなデザインと言って良いのではないか。
ドイツ生まれの洗練されたフェイスに操作ボタンを3つ、たったこれだけなのだから本当にシンプル。またアンテナを外に出すことで衛星電波時計でありながら薄さを表現しスタイリッシュさもアップ。
操作方法を知ってからの印象を聞くと、「これは便利」と話してくれた。地球上のどこにいてもタイムゾーンさえ設定すればどこにいても正確な時刻を表示してくれるのだから本当に便利なこと間違いない。
吉田さんは旅行好きの方や仕事で世界を飛びまわる方におススメしたいと話してくれた。

最後に、吉田さんに「常に心がけていることは何か」を聞いてみると、販売時お客様との会話を楽しむだけでなく、お店で取り扱う商品は価格に関係なく全て、商品の良さをうまく引き出せるようなレイアウト、売り場づくりを心掛けているそうだ。
確かに、このお店には何だかわくわくするような興味のわく商品がいっぱいだが、君島さん、吉田さんを始めスタッフさんたちの心がけの効果も大いに影響しているのだろう。

是非一度「BEAMS TIME」さんへ!

店名:ビームス タイム
住所:東京都渋谷区神南渋谷区神南1-14-7 2F
TEL:03-3780-5501
営業時間:11:00~20:00

ビームスではその他にビームス ジャパンで取り扱っています。

TOP